· 

仕事や人間関係に悩むHSPにオススメな4冊の本


モモカ

「うーん。HSPについて書いてある本って、HSPについてはわかるけど。それ以外はよくわからないなぁ。」

クマ先生

「眉間にシワ寄せて唸ってるけど、何が知りたいの?」

モモカ

「私はもう気質については十分理解したから、どうやって仕事や人間関係に活かせばいいのか知りたい!」

クマ先生

「具体的な方法ってことだね。それじゃあ、オススメの本を4冊紹介しよう。直接HSPと書かれていなくても、参考になることがたくさんあるからね。」

目次

〔1〕自分がわからない、社会に溶け込めない気がするなら【コンビニ人間】

〔2〕少数派のための仕事術を知る【発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由】

〔3〕雑談力をつけると驚くほど人間関係が楽しくなる!【誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方】

〔4〕仕事も人間関係も自分らしく楽しみたい【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】

クマ先生からのメッセージ

〔1〕自分がわからない、社会に溶け込めない気がするなら【コンビニ人間】


まずは、文学作品から1つ紹介しよう。第155回芥川賞を受賞した【コンビニ人間】

仕事・恋愛・家族。どの人間関係でも重要なのは、どれだけ相手の価値観を受け入れることができるかだ。

そのために、まず自分自身の価値観をしっかりさせておくこと。この本は、HSPの実態が暴かれるような気持ちになるよ。

主人公の女性は、コンビニ店員。幼い頃から「普通」だと思った言動が周囲から驚かれ、異質なものとして扱われてしまう。

目の前の人を助けたくて、誰かのためになりたくて、一生懸命行動するのに。なぜか怒られる。みんなが当たり前として行動していることに違和感を抱くなど。

本を開いたその瞬間から、HSPとして共感できるエピソードが次々と並べられている。

「どうすることが正解なの?答えを教えてくれれば、その通り動くから。」

このセリフと同じように呟いた経験を持つ人もいるだろう。

そんな彼女が、ある男性との出会いをきっかけに本当に大切なものに気づく。

自分の中にある感覚を大事にしよう。そして、相手が大切にしたいものも。そう思わせてくれる作品だよ。

〔2〕少数派のための仕事術を知る【発達障害の僕が輝く場所を見つけた理由】


「できないことは、ムリせず、対処法を見つける。」

「周りの人に自分のクセを伝え協力を依頼する。」

ADD(注意欠陥障害)である、栗原類さんが書いた【発達障害の僕が輝く場所を見つけた理由】は、目次を読むだけでも勉強になる。

この本をオススメする理由は、一般的な自己啓発本が通用しない、少数派に必要な要素がたくさん書かれているからだ。

HSP(HighlySensitivePerson)は障害ではない。しかし、刺激に弱く疲れやすい脳の持ち主という点では、ADDと共通している。

類さんのお母さんも登場するのだが、理論的で芯のある言葉は、その辺の専門家よりも説得力がある。彼女はとても仕事のできる人なので、類さんに教えた処世術はかなり現実的。

実は、お母さんもADHDだそう。

みんなと同じことができないけれど、社会で居場所を見つけることはできるし、やりたいことも実現できる。

きっと、お母さんは実体験からそう感じていたんだろう。

「ビジネス書や自己啓発本を何冊も読んだけど、なんだかしっくりこない」

そんなHSPには、ぜひ読んでほしい。

〔3〕雑談力をつけると驚くほど人間関係が楽しくなる!【誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方】


君は、こんな経験があるかな。

  • 仕事中の雑談や付き合いの飲み会で、どんな話をすればいいか戸惑う。
  • 感じたことをそのまま伝えたら、場の空気が凍ってしまった。
  • お天気の話やペットの話など、ゴールが見えない雑談をとても退屈に感じる。

こういう人は【誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方】を読むといいよ。

HSPが「会話や雑談が苦手」という理由は、いつも心の深い部分での交流を求めるからだ。だけど、社会ではTPOに合わせた会話が求められる。

会う人全員に

「生きるって大変だよね、そもそも人生ってさ…仕事をするって本来は…」

なんて会話ができるわけじゃない。

そこで、この本で会話のコツを学ぶと驚くほど人間関係が広がる。

少しだけ内容を紹介すると、まず聞く技術から始まる。会話というと、頑張って話さなきゃと思ってしまう。しかし、一番大事なのは聞くこと。さらに聞き方にもコツがある。

自分は聞くのが得意だから、という人にも読んでほしい。

会話とは、お互いのコミュニケーションだ。ストレス発散のサンドバック役になることじゃない。

この本は、自分も相手も心地よくなる会話術がたくさん紹介されている。文章がとても柔らかくて読みやいすから、読書が苦手な人にもオススメだよ。

〔4〕仕事も人間関係も自分らしく楽しみたい【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】


最後は、すごく長いタイトルの本を紹介するね。

【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】

一言で説明するなら、ゆるく、でも確実に願望を実現させる方法。

引き寄せ系って、誰にでもわかりやすく説明するために、すごく抽象的に書いてある。

本当は、細かく原理を説明することもできるんだけど、それじゃあ眠くなっちゃうからね。だから、胡散臭いと思う人が出てくるんだけど。

この本がオススメなのは、現実が動き出す過程で出てくる課題を宇宙さんがドSに(丁寧に)教えてくれるところ。

「人生、ビビることなんかひとつもねーんだよ!」

くじけそうなときに、宇宙さんの言葉がズシっと響くよ。

とくに、人間関係で悩んでいるなら、「ドリームキラー」や「すべては自分」について読んでほしい。

ドSな宇宙さんいわく、目の前にいる人は、君の潜在意識を映し出した鏡ってこと。この辺が理解できると、攻撃されてもすぐに回復する力がつく。

宇宙さんとは?著者が借金2000万円を返済し出版するまでのストーリーは?

気になったら、読んでみてね。

クマ先生からメッセージ


最後に今日のお話をまとめよう。

  1. 自分がわからない、社会に馴染もうと普通を探しているなら、【コンビニ人間】を読もう
  2. よくあるビジネス書や自己啓発本がピンとこないなら、【発達障害の僕が輝く場所を見つけられた理由】を読もう
  3. 楽しく人間関係を広げていきたいなら、【誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方】を読もう
  4. 本当の自分の声を聞いて、仕事も人間関係も自分らしく実現したいなら【ドSの宇宙さん】を読もう

今回は、HSPに特有の悩みを解決してくれる4冊をご紹介した。

君に合うものが見つかればいいな。読書が苦手な人は、マンガ版から試してみてね。

関連記事

更新情報について

▷INFORMATION

登場人物について

▷PROFILE

Twitterフォローしてね!