· 

気象病と感情日記の効果。「疲れた」がわからないアレキシソミア。


モモカ

「痛い!痛い!頭がいたーい!」

クマ先生

「なんだか辛そうだね。」

モモカ

「うーん。雨の日になると頭痛がするの。それに、なんだか眠くって。」

クマ先生

「それは、気象病だね。天候と体調には深い関係があるんだよ。少し休んだら?」

モモカ

「そうなんだぁ。でも、動けないわけじゃないし。我慢できそうだから大丈夫かな。」

クマ先生

「君はアレキシソミアの傾向があるね。病院に運ばれてから限界を超えていたと気づくんだ。」

モモカ

「うっっ。(まさに私だ。)詳しく教えてください!」

目次

〔1〕雨の日に頭が痛くなる気象病

〔2〕とにかく眠いのは低気圧のせい

〔3〕こじらせHSPは、体調を崩さないと頑張っている実感が湧かない

〔4〕「疲れた」がわからない、アレキシソミア(失体感症)

〔5〕身体の感覚を取り戻す感情日記

クマ先生からのメッセージ

〔1〕雨の日に頭が痛くなる気象病


天候と体調は深く関係している。雨が降ると頭が痛くなったり、空気が乾燥すると風邪を引きやすくなったり。

HSPは、疲れやすくストレスを感じやすい。気温や気圧の変化も大きな刺激になる。そこで、気象病について知っておくと、刺激による疲労を軽減させることができるよ。

気象病とは、気象の変化と関係があると考えられるいろんな病症の総称だ。つまり、天候の変化によって起こる症状のことだね。

気象病には、気管支喘息、心臓病、脳卒中、腰痛関節痛、リウマチ、花粉症、インフルエンザ、熱中症、食中毒、寒暖差アレルギー、片頭痛、などがある。

では、なぜ身体は天気の影響を受けるのか。それは、人間が恒温動物だからだ。気温の変動が激しくても、主に自律神経系を駆使して、体温を一定に保とうとする。

また、気温だけでなく、気圧などの変動にも身体は恒常性を保とうとする。気圧が下がると耳の奥にある内耳の圧センサーが作動し、交感神経を刺激するんだ。

交感神経を活性化させることで、体内環境を整えようと身体はあらゆる反応を始める。ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が放出され、血管が収縮する。

そして、痛みを感じる部位の活動が活発になり、痛みに敏感になるというわけだ。

さらに、気温が急に下がる季節には、血液がドロドロになりやすい。初秋に脳卒中で突然死が増えるのは、激しい気温の変動に身体が対応できなかったためだと言われている。

気象病とは、天候の変化に対して常に同じ状態を保とうとする身体の反応 ってことだね。

〔2〕とにかく眠いのは低気圧のせい


気象病の症状が起こる原因の1つに「低気圧」がある。

雨の日になんとなく憂鬱になったり、とにかく眠くなったり。また、激しい頭痛がしたり。これらは、低気圧の影響なんだよ。

ちなみに気象学では、高気圧と低気圧の明確な定義はない。周囲の気圧と比較して高いところを高気圧。低いところを低気圧と呼ぶ。

低気圧で引き起こされる症状は、以下のようなものがある。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 眠気

低気圧特有の症状が出る原因は2つある。 酸素濃度の低下と、副交感神経が優位になる ことだ。

それぞれ、詳しく見ていこう。

まず、酸素濃度の低下について。 低気圧のあるところは上昇気流が起きる。 さらに、雨が降ると雨粒に酸素が吸着して地面に落ちる。

結果、空気中の酸素濃度は低下する。すると、身体は酸欠状態になり頭痛や吐き気に襲われるんだ。

次に、副交感神経が優位になることについて。

人間の身体は、日光を浴びないと副交感神経が優位になる。さらに、気圧が10hpa下がると海面は10cm上昇する。

僕たちの体も気圧が下がって大気圧の力が緩むと、体がわずかに膨張する。そのため、眠気や倦怠感が起きたり、なんとなく憂鬱になる。

この2つの理由から、雨が降ったり低気圧がきているときは、体調不良を起こしやすいんだ。

そんなときは、仕事を早めに切り上げて、ゆっくり休養してね。無理をしないことが1番だ。症状によっては、頭痛薬を使ってもいいだろう。

ここで僕のオススメは〈頭痛〜る〉というアプリだよ。気象病(頭痛)対策のために、毎日気圧の情報をお知らせしてくれるサービスなんだ。

これで事前に気圧の大きな変化を知ることができる。薬を用意したりスケジュールに余裕を持たせたり、対処することが可能になるね。

さて、ここまで気象病のお話をしてきた。

天候の変化と体調の関係を知ることで、自分をもっと大事にできることがわかったと思う。だけど、君がもし こじらせHSPの場合は、注意してここから先を読み進めてほしい。

気象病を悪化させ、心身症やその他の病気に発展させてしまう危険があるからね。

〔3〕こじらせHSPは、体調を崩さないと頑張っている実感が湧かない


こじらせHSPとは、持って生まれた繊細さや敏感さによって、生活に様々な支障を来している人だ。HSPの特性によって苦しめられているんだね。そして、悪化すると心身症を発症する。

心身症とは、精神的・心理的な原因によって起こる症状のことだ。代表的なものに、胃・十二指腸潰瘍、過敏性大腸炎、過換気症候群、喘息、高血圧、蕁麻疹などがある。

「なんだ、誰でもなりそうなものばかりじゃん。」と思った?

確かに一過性のものなら、少しの休養で回復する。HSPでなくても発症する。しかし、慢性的に悩まされるようになると、話は別だ。そこには、もっとややこしい問題が潜んでいるんだよ。

心身症になりやすい人の特徴は、以下のようなものがある。

  • 精神的ストレスや身体的不調を自覚したり、言語化するのが不得意
  • 自分を押し殺して、社会生活に過剰に適応しようとする
  • 普通なら弱音を吐いたり、逃げたくなる状況でも、不平を言わず頑張り続ける
  • 体力には自信があり、多少無理をしても生活できる
  • 目的を達成するには、体調を崩しても努力するのが当たり前と思っている

これを、 アレキシソミア(失体感症)という。身体の痛みや不調を認識し、言語化することが困難な状態のことだよ。

この性格特性がある人は、病院に運ばれたりドクターストップがかかって初めて「自分の身体は限界を超えていたんだ」と気づく。

また、頑張ることに依存し体調を崩さないと、頑張っている実感が湧かない状態になっている。

〔4〕「疲れた」がわからない、アレキシソミア(失体感症)


では、アレキシソミア(失体感症)の特徴について、もう少し具体的に見ていこう。

失体感症において気づきが鈍麻している感覚には

(1)空腹感や眠気などの,生体の恒常性を維持するために必要な感覚
(2)疲労感などの,外部環境への適応過程で生じる警告信号しての感覚

(3)身体疾患に伴う自覚症状
などが挙げられた

池見は, 失体感症では,これらの感覚に対する気づきが鈍麻しているだけでなく,それを表現したり,適切に反応することも困難であるとした.

また自己破壊的なライフスタイルを送ったり,自然の変化に対する感受性や自然に接する機会も低下するとした。

引用元:J-STAGE

※池見…アレキシソミア(失体感症)の提唱者

つまり、アレキシソミア(失体感症)は、疲労感や空腹感といった身体が発する信号に気づきにくい。ようやく気づいたとしても、それを言語化できない。だから、人に伝えることができないんだ。

言語化とは、名前をつけること。例えば「お腹が空いた」「眠い」「胃が痛い」

こんな風に、身体の感覚を言葉にすることだよ。

一方で、身体のポジティブな感覚には鈍感で、ネガティブな感覚には敏感であるとも言われている。

さらに、外からの刺激に敏感で、自分自身の感覚に気づきにくくなっている。つまり、周囲のことに気を取られるあまり、身体の異常な感覚にばかり敏感になってしまうんだ。

だから「調子が良いってどんな感覚?」と、肯定的な身体の感覚を理解できなくなっているんだね。

ちなみに、アレキシソミア(失体感症)は、アレキシサイミア(失感情症)とセットで考えられている。

アレキシサイミア(失感情症)については、この記事を読んでね。

〔5〕身体の感覚を取り戻す感情日記


身体の正常な感覚を取り戻すには、まず感情を認識して言語化する力をつけることが大事だ。

身体の声を聞くのに、感情を知るの?と思うでしょ。理由はね、 心の声を無視して頑張り続けると身体の症状となって出てくるからだ。

そこで、根本的な解決を目指すべく、感情認識・言語化能力を鍛える方法をお話しようと思う。

その方法とは、感情日記をつけることだ。やり方は簡単。仕事終わりや寝る前に、感情の振り返りをしてみて。

ちょっとでも「あれ?モヤモヤするぞ。」と思った瞬間があれば、ノートに次のことを書き出そう。

  • モヤモヤが起きたときの出来事
  • そのとき考えたこと
  • 感情を喜怒哀楽で表す
  • 別の考え方はできないか

最初は、思い出すのに時間がかかるかもね。だけど、続けているとモヤモヤが湧いてきた瞬間に「今悲しいんだ!」って、気づけるようになるよ。

そうすると、平常心とそうでないときの感覚が明確に区別できるようになる。

感情に気づくのが遅い。体調不良になかなか気づけない。という人は、動けない状態になって初めて、心身が限界を超えていたと自覚する。

そして、やりたいことも中断しなくてはならない。職場の人や家族に迷惑をかけたと、自己肯定感も下がる。

こうならないためには、早めに内面から出るサインに気づけるようになることだ。そのために、内面に意識を向ける練習をしてみよう。

クマ先生からのメッセージ


最後に今日のお話をまとめるね。

  1. 気象病とは、天候の変化に対して常に同じ状態を保とうとする身体の反応
  2. 低気圧の日に眠気や頭痛に襲われる理由は2つ。空中の酸素濃度の低下と、副交感神経が優位になるため。
  3. こじらせHSPは、体調不良に気づかない場合がある。悪化すると心身症になる危険性も。
  4. アレキシソミアは、身体の感覚を認識したり、言語化するのが困難。ついつい身体を壊してしまう。
  5. 身体の正常な感覚を取り戻すには、感情を認識する練習から。感情日記やアプリを使おう。 

どうだったかな?不調の原因が天候にあると気づいたかな。だけど、身体の感覚を正常に認識できなければ、結局は限界を超えて活動してしまう。

ついつい頑張りすぎてしまう・身体を壊してから、やりすぎたと気づく。こんな人は、まず内面の感覚を取り戻す練習をしてみてね。

関連記事

更新情報について

▷INFORMATION

登場人物について

▷PLOFILE

Twitterフォローしてね!